多様なキャリアパスを歩む社員


Mika

  • 過去(入社時)

    キャリアアドバイザー
    →営業アシスタント

  • 未来(3年後)

    もっと柔軟に
    ワークライフバランスを
    整えられる環境づくり

社員の声

2013年4月 入社 キャリアアドバイザー(京都) 配属
2015年6月 産休・育休を取得
2016年4月 職場復帰後、営業アシスタント(大阪)へ転向
※現在に至る

社員の声

ライフイベントを経て、職種や役割、働き方が変わっていますが、感じたことはありましたか?

前例がなかったけど前向きに考えられた

出産というイベントを経て、復帰に不安がなかったと言えば嘘になります。ただ私の希望をできる限り汲んでくれるような環境だったので、「前例が少ないことだからこそ、私がパイオニアになって頑張ってみよう!」という前向きな気持ちになれましたね。
実際に職場復帰を果たした後も「退社時刻が近づいているのに仕事が終わらない……!」とバタバタすることはありません。ちゃんと定時の時間内に終われるよう、作業量を上司はじめ、同僚が理解して調整してくれているからだと思っており、非常に助けられています。

これからどんなことに挑んでいきたいですか?

私は、“出産”というライフイベントで約1年休暇を取った社員です。
柔軟に受け入れていただいた会社に非常に感謝していますが、結婚や育児といったライフイベントごとに柔軟な環境づくりについて未開拓な部分も多いと思っています。
今後、在宅勤務の許容や託児所の設置等、時短勤務でキャリアアップにつなげられる環境づくりは可能だと思っています。声をあげると任せてもらえる風土がしっかりあるので、ママ視点を含めた新しい働き方の提案にチャレンジしたいと思っています。

PROFILE

同志社大学 政策学部政策学科 卒業
大学卒業後、証券会社に新卒で入社。3年の勤務を経て、2013年4月、医療業界に特化した転職支援・採用支援を行うキャリアアドバイザー職としてTSグループ入社。
16年4月、約1年の産休から復帰。職種転向をし、現在は時短勤務で営業事務として職場のメンバーをサポートしている。