仕事で知る

仕事を知ることは、会社を知ること「生き方」をマッチングするTSグループの仕事内容

一元管理だからこそできる、「生き方」と「幸せ」のマッチング

人材不足に悩む法人と、目標の為、ライフステージの変化の為など様々な理由で転職を望む求職者。
私たちのお会いする人々は、とても大きな悩みを抱えています。
私たちだからこそできること。
単なる条件マッチングではなく、お互いの未来のために真剣に悩み、双方を引き合わせること。
その為には、法人・求職者を一貫して担当する「一元管理」が最適だと確信しています。

業務内容

一元管理

人材業界では求職者担当と法人担当が分かれている分業制が一般的な中、TSグループでは人に関わる部分は効率よりも妥協しないことを選び、こだわりを持って一元管理を貫いています。一人のキャリアアドバイザーが求職者と法人双方を担当することで、ミスマッチのない転職支援が可能になります。
また、キャリアアドバイザー個人としての成長も大きく、多くの人と関わることで人として成長し、さらに精度の高いマッチングにより医療・介護業界に貢献していきます。

業務イメージ
業務イメージ 業務イメージ

業務フロー

  1. 1. 登録→ファーストヒアリング
    まずはお電話で簡単にヒアリングを行い、面談の設定や面談時に提案する法人の洗い出しを行います。
  2. 2. 面談
    面談では求職者のことを第一に考え、会社に来ていただくのではなく、こちらから求職者の最寄駅まで出向いて面談を行います。電話だとなかなか打ち明けていただけないような話も出来、提案の幅・質が変わります。
  3. 3. 面接設定
    法人に対して、求職者を売り込んでいきます。実際にお会いしているからこそ分かる魅力を存分にお伝えし、面接を設定します。
  4. 4. 面接同行
    面接時には、キャリアアドバイザーも同席します。面接が苦手な方のフォローや、ちょっと聞きにくい質問をしたりして採用率・内定受諾率の向上に努めます。また、面接同行は法人を知るチャンスです。一緒に見学させていただいたり、法人の考え方を知ったり、求職者への提案につなげます。
  5. 5. 内定
    無事内定がいただけたら、最終確認。求職者に条件面の確認をしていただき、入職を確認します。内定から入職まで時間が空くケースもありますので、入職までしっかりフォローします。
  6. 6. 入職後のフォロー
    入職直後は不安なもの。定期的にご連絡し、現状の確認やフォローを行います。

業務の特徴

多くの人材紹介会社では、医療機関側と求職者側のアドバイザーが分かれている、分業制となっています。
「TSグループ」では、一人のアドバイザーが医療機関、求職者両方を担当し、医療機関側、求職者側それぞれへの情報の伝え漏れや、イメージの相違といった採用ミスマッチの防止に努めています。
一方、同業他社では効率だけを追求し、求職者とお会いすることなく、電話だけでのヒアリングで、転職支援を実施している場合があります。しかし「TSグループ」では、実際に求職者とお会いして、顔と顔を向き合わせた形でのヒアリングを重視しております。
この考え方は、非効率的で同業他社のほとんどが採用しておりません。ですが、「TSグループ」では、転職支援をする上で、電話だけのヒアリングだけでは本当の信頼関係を構築できない、またミスマッチのない転職支援が出来るわけがない、という考え方を創業当時から重視しており、今後も求職者の方と直接お会いするという方針を変えるつもりはありません。