1.成長

どんな環境でも成果を出せるようになること

成長と一言でいっても、人によってその意味は様々です。
TSグループでは、単にできないことができるようになることを成長とは思っていません。
「仕事に慣れる」成長ではなく、「本質を見抜く」ことによってどんな環境でも成果を出せるようになることが、成長だと考えています。

TSグループでは大手の人材会社としては珍しく、求職者/企業を両方とも自分で担当する一元管理制をとっています。
そのため、一人ひとりの裁量権が大きく、自分で考え・行動し・結果を受け止めるというサイクルがたくさんあります。
決められたことを決められた通りにこなすのではなく、自分だからこそ生まれた結果は大きな喜びです。

2.評価

TSグループでは成果に応じてしっかりと評価をします

やってもやらなくても評価されないという環境は、やる気を失ってしまいます。
そして、やる気を失っている社員の割合が多くなればなるほど、会社は危機的な状況に陥ると考えています。

TSグループでは成果に応じてしっかりと評価をします。
営業成績に応じてボーナスが支給され、トップコンサルタントになると20代でも年間の賞与が500万円を超えてきます。
レコードも年々更新されており、自分が頑張った分だけ評価されるという環境です。

役職に関しても同様で、新規事業の積極的な立ち上げに伴い、ポストがどんどん生まれていきます。
上が詰まっているということは全くありませんし、社歴・年齢にかかわらず実績に応じて役職もお任せします。
チャンスは自分次第でいくらでも広がっていきます。

とはいえ、実力主義だからといって相手を蹴落として自分が上に行っても意味はありません。
お互いに上をめざし、相手の成長を喜び悔しがりながら自分も成長していってください。
一人ひとりの頑張りが周囲にいい影響を与え、強い集団につながっています。

3.ワークライフバランス

TSグループでは「決められた時間内で成果を出す」ことを徹底しています

TSグループのお仕事は、周りを幸せにするお仕事です。
だからといって、自分を犠牲にしてしまっては、社員が疲弊し長くは続けることができません。

そこで、TSグループでは「決められた時間内で成果を出す」ことを徹底しています。
「人に関わる部分は泥臭く、それ以外の部分は効率的に」をモットーに業務の効率化を図り、
限られた時間内でパフォーマンスが発揮できる体制を整えています。

TSグループの存在意義

人の覚悟を後押しし、前に進む決断のきっかけとなる
それが、われわれの存在意義です。
社員を大事にし続けるためには、会社は存続し続ける必要があり、そのためには成長し続ける必要があります。
自分たちが前を向き、進むためには、前に進む意志のある企業・人と関係性を持っていくことが大切だと考えます。
一方で、前に進む意志はあっても立ち往生している企業や人がたくさんいます。
そんな存在の背中を押すことは、自分たちの背中を押すことでもあります。
人の覚悟を後押しし、前に進む決断のキッカケとなることで、われわれもまた前進できるのです。